CS60について

「CS60」とは

生体電流整流器「CS60」

 
 
Cell Smooth 60trillion

Cell  セル(細胞)
Smooth  スムーズ
60trillion  60兆個

60兆個の細胞を自然に滑らかな状態にすると言う略でつけられた名前です。

最近の多くの研究者によって、人の老化(寿命=生命エネルギーの低下)のメカニズムや病気の発症メカニズムに、ミトコンドリアが起因することが明らかになってきました。


ミトコンドリアとは

人の細胞60兆個の内部にある小器官で細胞内に数百個~数千個あります。

ミトコンドリアの仕事は「エネルギーの製造」で、水素と酸素を使って燃焼してエネルギーに換えています。

このような事でミトコンドリアは生体電流の「発電所」と言われています。
ミトコンドリアが多く、活性していると元気であり数が減ると動きが悪くなり息切れや動機が激しくなり老いを感じるようになります。

細胞内のミトコンドリアが減少し稼働率の悪化が老化であり、生命力の低下を招きます。
ミトコンドリアを活性化すれば大方の痛みや病気は改善します。

ミトコンドリアはATP回転(電位移動)することで発電しますが、発電内容は通常我々が使用している電気ではありません。
酸化還元電位-150mv~180mvというマイナス電位を発電します。

マイナス電位はアルカリ性で細胞を軟化し血流を良くして、消炎、鎮痛作用、酸化物質を抑制、拡散します。

つまり老化の抑制ができます。

一方プラス電位(活性酸素)は細胞が結集して固まる傾向が強く炎症を起こします。

活性酸素とは

人の老化は、ミトコンドリアが水素と酸素を反応させてATP(アデノシン三リン酸)細胞を回転させますがその時に安定していた酸素が分解され暴走します。
これが「活性酸素」です。

「活性酸素」は安定を求めて細胞内を飛び回り、細胞にぶつかる度にミトコンドリアを傷つけます。

傷ついたミトコンドリアは死滅し細胞内でのミトコンドリアの数が減少してエネルギーの製造が減少するのが老化現象です。

生体電流とは

生体電流は、体に流れる微弱な電気のことです。
心臓・脳・血流等生命維持活動に流れる微弱な電流のことで、ミトコンドリアの働きにより発電が行われる。

過剰に摂取された電気を抜いて、人間の持つ本来の免疫力を高めて、健康的な状態にしていくことが「CS60」による施術です。
「CS60」で体を擦ると、健康な箇所はとても心地よい快感がありますが、悪い箇所を擦ると痛みが走ります。
そうして、どんどんと悪いところから電気を抜いていき、人間を健康な状態にしていきます。

「CS60」は、細胞内のミトコンドリアに直接働きかけ活性化するため、慢性的な肩こり・痛み・シビレなどの諸症状が緩和されるばかりではなく、基礎代謝量の改善により、免疫力アップ、自然治癒力アップ、老化防止、ダイエット効果、美容効果等を揚げることができる他に類を見ない画期的で近未来の医療を担う健康施術器具です。